エリア会議での活動

2015年7月13日 11時50分 | カテゴリー: CAP

 生活者ネットワークでは、東京を3つのエリアに分けて毎月1回「エリア会議」を開催している。私が所属しているのは南多摩エリア(調布、府中、八王子、狛江、稲城、日野、町田、多摩)。改選後、新しいメンバーも増えて、新たなテーマ活動を決定した。「セクシャルマイノリティー」と「子どもの人権」である。「子どもの人権」に関しては、CAPのプログラムの大人のワークショップを経験してみようという事になった。チームリーダーになった私にとって、今までの経験を活かせることは本当に嬉しいことだ。チーム内での話し合いでは、どの地域も、東京都が無料で提供したセイフティ教室という防犯のプログラムの壁と戦っているということが分かった。これから「子どもの人権」チームで共に勉強出来、このネットワークでCAPの種を蒔いたら広く大きく育つだろう。ほんとに素晴らしいし有難い。皆さん、よろしくお願いします!