衆議院選挙について

2017年10月18日 14時15分 | カテゴリー: 活動報告

今回のあまりに突然の衆議院選挙ですが、これを機に、何としても私は安倍政権を止めたい、政治を、暮らしを、真の民主主義を取り戻したいとの思いから枝野幸男さんが立ち上げた立憲民主党を応援しています。しかし、残念ながら多摩市(21区、23区)には候補者がいません。

・市民連合、つまり市民として政治の暴走を止めたいと思っている方たち・安保関連法に反対するママの会 といった方たちと一緒に、市民+野党統一候補として 21区:小糸けんすけさん、23区:松村りょうすけさんが立候補しています。

もし、投票したい候補者がいないからと棄権してしまうと、自民・公明・希望にとってありがたい状況になります。選挙に行かないだけで、自民・公明・希望に投票したのではない、と思うかもしれませんが何人棄権しても0票です。そして、自民・公明・希望支持者が投票してしまったら大きな差が出来てしまうのです。いろいろ不満はあるかもしれませんが、反自民・反公明・反希望の思いで21区:小糸けんすけ、23区:松村りょうすけ 候補を国会に送りたいと私、岩崎みなこは応援しています。